ホーム>牡蠣親父ブログ
  • 通信販売
  • 江田島ご紹介
  • 牡蠣料理レシピ
  • よくあるご質問
  • 牡蠣親父ブログ

牡蠣親父ブログ

実は、ワシが漁師から直接買い付けていた価格と大差ない価格で、広島かきドットコムでは牡蠣をネット通販で販売しているのじゃあ!

201421819374.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ。いや、本当に最近思うのじゃが、

『牡蠣養殖業者』

というものは牡蠣好きにとってみれば素晴らしい立場じゃと思う。

知り合いの江田島の漁師から直接牡蠣を買い付けておつまみにしたり、江田島という土地は牡蠣好きにとってみれば本当に『たまらない』としか言いようのない土地じゃあ! 漁師から牡蠣を直接買い付けると、皆さんが思っているよりも遥かに安い価格で牡蠣を買う事が出来る。「ええ!ネット通販で牡蠣がこんな価格で売られているのに、こんなに安く!」というぐらいの値段じゃあ!いやあ、こんなに人から羨ましがられるような立場にいるワシは幸せじゃあ!ワシは牡蠣ばっかり食える立場にいるのじゃあ! ところが・・・『広島かきドットコム』のホームページで牡蠣のむき身のキロ単位で売っている価格を見て、ワシはたまげた。「ええ・・・、ワシが漁師から直接キロ単位で安く買い付けている価格と、広島かきドットコムで売られているむき身のキロ単位の価格とじゃ、余り変わらないじゃないか!」インターネットというものは、便利なもんじゃ。

2014218193713.jpg

今までワシは

牡蠣を買い付ける事

においては、例えて言うならば特権階級のような立場にいると思っておった。

ところがじゃ、広島かきドットコムで販売される牡蠣の価格が、ワシが今まで散々努力をして作り上げた漁師のネットワークと大差ないぐらいの安い価格で販売されておるとは・・・。今までワシだけが安い価格で自分専用の牡蠣を思う存分食えるような立場にいると思ったのに、ショックじゃった!まったく、現代人は非常にラッキーじゃ!広島かきドットコムで直接漁師からワシが買い付けていたのと大差ない価格で牡蠣のむき身をキロ単位で買えるのじゃから、本当に幸運じゃと思う。 ところで、ワシに牡蠣を直接売っていた漁師の話じゃが、ここからの話は一切オフレコじゃ!マスコミにワシの極秘情報を暴露するんじゃないぞ!実は、牡蠣というものは『佃煮』にする事が出来るのじゃあ。漁師にとってみれば牡蠣というものは保存食じゃ、酒を呑みたい時にすぐに食べられる良いおつまみであったのじゃ。 牡蠣の佃煮は、深めの鍋に酒と砂糖、みりん、醤油、だしを入れて汁が無くなる少し前まで、弱火で煮ればよいだけじゃあ。一般的な家庭での牡蠣の佃煮の作り方は物凄くシンプルなものなので、是非広島かきドットコムで牡蠣のむきみをキロ単位で買って作ってみると良いと思う。 牡蠣の佃煮は、江田島の漁師は江田島の漁師秘伝の製造方法があるのじゃが、そこまではあの漁師は教えてくれなかった!今度、是非聞き出したいものじゃあ!

江田島産の牡蠣は物凄くカンタンで短時間で調理出来る食材じゃあ、正直、ただ焼いて食っても旨いからのう!

201421519349.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!

牡蠣は旨いのに手軽に食べれる

のが良い。しかし、余り牡蠣をどうやって簡単に調理するのかについては知らない人が多いようじゃあ。

無理もない。
そもそも、現代人は忙しくて牡蠣を調理する方法をなかなか調べる心の余裕がある人は少ないからのう。
また、男の場合だと外に働きに行ったり、付き合いで仕事帰りに飲みに行ってしまう人も多いじゃろう。
という事は、牡蠣が手軽に調理を出来るという事実を知る機会がそもそも無い人が多いのだろうと思う。
例えば、殻付きの牡蠣は皿に並べて電子レンジでチンをするだけで美味しい焼き牡蠣になる。
本当に5分程度チンをするだけで殻付きの牡蠣がぱっくりと美味しく開いて食べられる状態になるのじゃあ。
後は白ワインでもビールでも好きなお酒と一緒に一杯やるだけじゃあ!
こうして文章にしてみると、物凄く簡単なのに、『牡蠣ナイフが要る』と思い込んでいる人が余りにも多いようにワシは感じられる。
たいして手間も時間も要らずに美味しく食べられるというところが、牡蠣という食材の良いところなのに、それを知らずに損をしている人が世の中には多すぎると思う。
実に惜しい事じゃあ!

201421519340.jpg

また、牡蠣はエノキや椎茸と一緒にホイルに包んで、どこの家庭でもあるようなトースターで焼くだけでカンタンに

『牡蠣のホイル焼き』

が出来上がる。これは、醤油でもポン酢でもレモンでも好きな調味料をかけて食べればよい料理じゃ。

本当に対して手間がかからないで出来るし、どこの家庭にもあるトースターを使えば良いだけなので楽なのじゃ。
余り現代人は『おつまみ』にこだわりは持たんのかとワシは思ってしまう。ちょいと一手間かけるだけで今晩の酒のつまみが物凄くグレードアップ出来るというのに、現代人は惜しい事をしているもんじゃと思う!
極端な話が、牡蠣は普通に焼いて食うだけでも旨いのじゃ。
牡蠣という食材は『海のミルク』と言われるほど濃い栄養分を持っていると思う。
つまり、特に江田島産の牡蠣は元々そのままで十分美味しく楽しめるほど味があるし、サッとお好みでショウユでもポン酢でもすだちでも好きなものをかけて食べれば様々な味が楽しめる。
だから、短時間で調理できるおつまみは何かと聞かれれば、江田島市民のワシとしては「牡蠣です」以外に答えようが無い!
いや、本当に仕事で疲れて帰ってきて「ああ、疲れた、なんかあれこれ面倒臭いからカンタンに出来るおつまみは、おお、そうじゃ!冷蔵庫に牡蠣があった!」とこういうパターンによくなるのじゃ!
正直、牡蠣が物凄くカンタンに調理できるという事を知らん日本人は、人生を損しているかもしれんぞ。

牡蠣の独特の味は良さに気付けば「旨い!」と思えるようになる人も大勢いると思う。牡蠣の磯辺焼きはワシのオススメのおつまみじゃあ!

20142512857.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!牡蠣のあの独特の味を『苦手』だと言う人もいるが、ずっと苦手だと思い込んでいても久しぶりに牡蠣を食べてみたら

「旨い!」

牡蠣の旨さに気づく人もいるのじゃあ。

何故かと言うと、少し個性的な味の食べ物というものは、普段は食べ慣れていないからその食べ物の本当の旨さに気づかないが、しばらく時間を置いてから食べてみると、その食べ物の良いところに気付くからだとワシは思う!
例えば、若いうちはビールが苦手だという女性は多いじゃろう。何故かと言うと、苦いからだと思うのじゃあ。
しかし、段々お酒を飲んでいるうちに苦手だと思っていたのに段々美味しく感じられてしまう。まあ、牡蠣も似たようなもんじゃあ!
本当に旨いと感じられるようになった時から広島かきドットコムでむき身を大量に注文して腹いっぱい食えば良いと思うのじゃあ!
さて、牡蠣に一度ハマると、日本全国の牡蠣をことごとく食べ尽したくなると思う。
そうして日本の色々な牡蠣を食べているうちに『ある地域』の牡蠣にハマってしまうと思う。
その地域はというと・・・そう、江田島じゃあ!広島かきドットコムで販売されている江田島の牡蠣は味が普通の牡蠣より濃いとワシは思う。
よって、江田島牡蠣は牡蠣に『通』な人にもオススメなのじゃあ!

20142512914.jpg

牡蠣という食べ物は、

生でも良し、グラタンでも良し、シチューでも良し

じゃあ。一回好きになると本当に定期的に食べたくなってしまう。

ワシも仕事が終わったら牡蠣を食いながら一杯飲む事がもう生活の一部になってしまっている
牡蠣はあんまりお酒を呑まない人から大酒のみの人まで美味しく食べられる食材だから、こりゃもう仕方が無いな!
さて、ワシがオススメする牡蠣のおつまみじゃが・・・『牡蠣の磯辺焼き』なんていうものがある。
これは、まずフライパンにバターをとかして牡蠣を入れる。この時、牡蠣は下処理として大根おろしで洗っても良い。
次に、牡蠣を火加減が中火から強火で、短時間で炒める。この時に醤油を加えても良いかと思う。
そして、出来上がった牡蠣を海苔を巻き付けながら皿に盛ればスペシャルなおつまみの完成じゃあ!
海苔の香ばしさと江田島産の牡蠣の濃厚な旨さが絶妙にマッチして、大変旨いぞ!牡蠣の磯辺焼きには牡蠣にかたくり粉を薄くまぶしてから焼いても良い。その辺は好みじゃあ!また、スダチをかけて食べても旨いぞ!
牡蠣のむき身は、江田島産の牡蠣が旨い『広島かきドットコム』で大量に買うのが、ワシの個人的なオススメじゃあ!

ビールに合うおつまみ『牡蠣フライ』にも色々作り方がある、ワシはオーソドックスな作り方が好きじゃあ!

201422113856.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!皆さんは、『ビールに合うおつまみ』と言ったら、何だと思いますか?そう、答えは一つしか無い、

『カキフライ』

じゃあ!

牡蠣フライをおたふくソースにつけて食べると、あの濃厚な江田島牡蠣の旨さがじゅわっと出てきて大変旨い!
中濃ソースでもさっぱりしていて旨いとは思うが、やはりオタフクソースが濃厚で旨いとワシは思うぞ!
味が濃い牡蠣は、牡蠣フライに凄くよく合っているとワシは思う。
瀬戸内海で育った濃厚な牡蠣の味とビールのサッパリとした味の組み合わせがまた何とも言えんのじゃ。カキフライだったら、一週間に3回以上食卓に出てきてもワシなら良いくらいじゃあ!
ところで、カキフライの作り方の話じゃが、オリーブオイルをつけて衣をつける方法と、生のまま衣をつける一般的な方法と、湯通ししてから衣を付ける方法とがある。
正直、3番目に話した『湯通し』して衣をつける方法は味が抜ける気がするから余りオススメはしないが、オリーブオイルをつけてから衣をつける方法は味が濃厚になるという人もいるので、人によっては良いかもしれん。オリーブオイルに牡蠣をつけてから揚げる知人に聞いた話じゃが、オリーブオイルに牡蠣を10分程度漬けてから揚げると良いようじゃ。
次に、カキフライの衣についてじゃが、普通は小麦粉をつけて生卵にくぐらせて、パン粉をつけてから揚げるのがオーソドックスなやり方じゃと思う。しかし、人によっては天ぷら粉を使う方が美味しく揚がるという人もいるようじゃ。また、かたくり粉をつけて軽く揚げるのが良いという人もいる。
単にカキフライとは言っても人によって様々な揚げ方があるという事じゃな。

201422113843.jpg

まあ、どんなやり方にしても、

アツアツの江田島産の牡蠣を使ったカキフライ

ほど旨いものは無いとワシは思う。

揚げたてのカキフライは栄養が豊富で比較的安い価格で家族全員分が作れる。
また、冬と言えば牡蠣の旬というイメージがあるから、食卓に出すと「カキフライかあ、冬だなあ!」という話題で盛り上がる。ワシはカキフライは最高の食べ物じゃと思う!
ところで、カキフライを作る時のコツじゃが、カキの『臭み』を抜く良い方法がある。
それは、生の牡蠣の汚れを落とすというもので、牡蠣の汚れが牡蠣の臭みになっているという事が多いのじゃ。
つまり、『下処理』の記事でも書いたが『大根おろし』で牡蠣のひだの間の汚れを落としてから牡蠣をカキフライにすれば美味しく食べる人もいるという事じゃあ。
大根おろしで汚れを落としてから油で揚げると、牡蠣がより美味しく食べられるかもしれん。
広島かきドットコムでむき身の牡蠣が売っているから、それを1キロ位買って大根おろしで洗って牡蠣フライを作ってみると良いかもしれんぞ。

江田島産の牡蠣は『雑煮』の具にしても旨い、牡蠣は雑煮のダシがよくとれるぞ!

201413024823.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!新年が無事に明けたのう、ワシは

今年も牡蠣を沢山食って元気に生活

をしようかと思う。

広島に生まれて広島で育ったワシにとって牡蠣は生活の中心じゃあ!
さて、『牡蠣の雑煮』というものが広島にある事を皆さんご存知かな?
これは、鍋に張った湯に牡蠣を加えて乳白色に水がなるまで煮る。そうすると、牡蠣で雑煮のダシがとれるのでダシがとれた後の湯からはいったん牡蠣を引き上げておく。
広島牡蠣の濃厚な味を100%いかす為に、醤油を入れる。この醤油じゃが、地元の醤油の業者が作った本格的な醤油を使う事がオススメじゃあ。やはり、旨い醤油というものは牡蠣の雑煮を凄く引き立てるぞ!
そして、『丸餅』を入れるのじゃあ。この丸餅というのが、広島風雑煮の特徴らしい。ワシは広島で育って広島風の雑煮以外の雑煮は食ってきてないので分からんのじゃが、どうやら他の地域の雑煮では四角い餅を使うらしいのう。この丸餅に牡蠣のダシの味がしみ込んで、また旨いのじゃあ!
そして丸餅が良い具合に煮えてきた頃を見計らって、シイタケやハクサイ、水菜などの野菜を入れる。うちは入れないが、ニンジンを入れる家庭もある。やはり、雑煮には野菜がシッカリと入っていると元気になる気がして良いのじゃあ!香り付けに柚子を小さく切ったのを入れてもお正月らしくなると思うぞ!

20141302486.jpg

近頃雑煮を食っていて思うのじゃが、やはり

広島牡蠣は野菜の味によって引き立てられる

と思うのじゃ。

雑煮に色々な具が入っているのは健康的で良いと思うし、日本の味・日本の正月というものを凄く実感させてくれるのじゃあ。
ワシは正月じゃから、日本酒を飲みつつ江田島産の牡蠣が入った牡蠣を食べて、やっぱり江田島はいいところだと思っているが、大阪や首都圏のあたりの人にはあまり雑煮に牡蠣を入れるという習慣は無いと思う
大阪や首都圏でも、広島かきドットコムで注文をすれば新鮮な牡蠣を大量に購入して1月や2月はまだ寒いから雑煮や牡蠣鍋などを作る事が出来るだろうと思う。
やはり、江田島産の牡蠣はプリプリで新鮮じゃから、雑煮にすると違うと思うぞ。鍋に使って旨い江田島産の牡蠣は雑煮に使っても凄く旨いとこの頃そう思っているのじゃあ。
広島かきドットコムでは、殻付き牡蠣とむき身のセットというものがある。やはり、年のはじめというものはおめでたい気分になるもんじゃあ。殻付きの牡蠣を焼いたので一杯やるのは、おめでたい年のはじめにピッタリではないかと思う!
よし、ワシの今年の抱負は、牡蠣を食って元気にバリバリ働く事じゃあ!

まさかの『マルちゃん 濃厚鶏ニボ』で作る江田島産の『牡蠣ラーメン』は、煮干しと白湯と牡蠣のコンビネーションが絶妙だったのじゃあ!

201412451753.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!ワシは正直、思っている事がある。

『牡蠣親父ブログ』の内容から大脱線

するが、ワシの知り合いのオヤジの事についてじゃ。その知り合いのオヤジは今、東京に住んでおる。ワシに牡蠣を送ってくれと頼んでくる事もあるし、逆にワシから東京の旨いもんを寄越してくれとお願いする事もある。

そんな知り合いのオヤジとたまにスカイプで話す事があるのじゃ。
『牡蠣親父ブログ』の内容と無関係じゃが、酒を呑みながらスカイプでビデオチャットをすると、自宅で居酒屋気分が実は味わえるのじゃあ!
IT技術の進歩は酒の呑み方まで変化したのじゃあ!
で、その、東京のオヤジとの話で、『牡蠣の食い方』について話す時があるのじゃ。東京のオヤジはただ牡蠣をバターで焼いたり、牡蠣ナベで食う事しか知らん。まあ、無理も無い、さすがに東京湾じゃ牡蠣はとれないと思うから、産地でも無いのにそこまで食べ方のバリュエーションが豊富だとはワシも思えん。
広島は牡蠣の名産地なので、牡蠣の食べ方にもそれこそ関東の人間が考え付かんようなものが色々とある。
例えば、『牡蠣ラーメン』じゃ。 東京の人間は牡蠣ラーメンなどというものがある事など想像もしないじゃろう。牡蠣ラーメンとは何か、ラーメンの中に牡蠣が入っている。・・・今、自分で書いていても思ったが、そのまんまじゃな・・・。

20141245185.jpg

そして、東京のオヤジに牡蠣ラーメンを食って貰いたいとワシは思った。そこでナント!値段の高いカップラーメンに江田島牡蠣を入れて食う

『牡蠣ラーメン』

を思いついたのじゃあ!

今回、使ったカップラーメンは、長野の名店『気むずかし屋』と、東京の名店『ラーメン凪』がコラボレーションした『濃厚鶏ニボ』じゃ。
これに江田島の牡蠣をバターで炒めたものを入れる、以上! 濃厚な鶏白湯と、煮干しと、江田島牡蠣の味のコンビネーションが実現するのじゃ。
やってみたいと思う人は恐らく江田島にも相当少ないじゃろうと思う。カップラーメンで『牡蠣ラーメン』を作るからといって侮るなかれ。この『濃厚鶏ニボ』は、全粒粉を小麦粉に占める割合で14%も使用し、ノンフライ麺じゃ。
最近のカップラーメンは高いのは強烈に旨い、従って、牡蠣ラーメンにしても旨いのは当然だと思った訳じゃ。
結果は、煮干しと牡蠣の濃厚な味が麺に絡み合い、物凄く旨い牡蠣ラーメンになった。
ワシがアップロードした牡蠣ラーメンの写真を見ただけでも理解出来るかと思う!
本当に濃厚な江田島牡蠣に濃く旨いラーメンスープが混ざって、豪華な味になったのじゃ。 牡蠣ラーメンの旨いのを超お手軽に食べてみたい方は、牡蠣をバターで炒めて『濃厚鶏ニボ』にのせてお湯をかけて5分で出来上がるので、是非一度食べて頂きたい。
まさか江田島牡蠣のこんな食べ方があるのかとワシも驚いたくらいじゃ。

バーベキューで牡蠣を焼く時は、平たい方を最初は下にして少し焼いてからひっくり返すテクを使えると女の子にモテるぞ!

広島かきドットコムの牡蠣

オイッス!牡蠣親父じゃあ!冬も寒くなってきて、

バーベキューの季節

だと思わんか?
そこで皆さんに問いかけるのじゃが、何故、バーベキューでは殻付きの牡蠣を喜んで食べるのかという事なのじゃあ。

というのも、牡蠣のむき身でも普通にバーベキューで焼いて食えるのに、何でわざわざ殻付きの牡蠣なんて面倒なものを食べるのか、と思うじゃろう。
「別に、殻付きの牡蠣でも、むき身の牡蠣でも、焼いたら味に大差ないじゃないか」と思う人もいるじゃろう。 ワシがそれについて1つ思うのは、味じゃなくて『気分』の問題じゃ。
例えば、老若男女問わず、ヒトは『マンガ肉』に憧れると思う、特にモンハンやった後やワンピースを見た後はそういうワイルドな気分になる!
殻付きの牡蠣をバーベキューで食いたくなるのは全くそれと同じ理由で、豪快に殻ごと牡蠣を『ジューッ!』と焼いてみたくなるという事じゃ。
確かに、普段スーパーではむき身しか見ない牡蠣を殻ごと焼いているのをバーベキューで見ながらビールを飲むと、ワシも普段以上に酒がウマくなるぞ!

江田島牡蠣の焼き牡蠣

つまり、ヒトはワイルドな気分を味わいたいが為にバーベキューで豪快に

牡蠣を殻ごと焼いてみたくなる

のじゃあ!ところで、そういう時に気になる事がある。それは、殻付きの牡蠣を焼く時に、『丸い側』と『平たい側』どちらを下にして焼いた方が良いのかという事じゃあ。

これについては、『平たい』方を下にして焼きはじめ、少し焼いたところでひっくり返すのが良い方法だと思う。
広島かきドットコムのホームページで電子レンジで牡蠣をチンして焼く方法には、平たい方を『上』にすると書いてあるじゃろう?あれはあくまでも電子レンジの場合のやり方で、バーベキューでは最初に平たい方を下にするのが正解なのじゃ!
その理由は、平たい側の牡蠣の身が先に縮まって、身が離れやすくなるというところにある。つまり、牡蠣の丸い方に身が綺麗に汁と一緒に入りやすくなるという訳じゃあ。
牡蠣の殻の表面には色々なものがついておる、これが熱で破裂しない為にもこの方法はかなり良い方法じゃぞ。バーベキューで殻付きの牡蠣を安全に焼けるというのは、料理男子としての腕の見せ所じゃあ!女子にモテて良い思いをしてウハウハの気分でいられるぞ。
牡蠣の殻を一旦、外しておくというのも殻がいきなり開かない為に良い方法かもしれん。自分が女の子に怖い思いをさせないように配慮出来る男子だというのも『さりげなく』言うのじゃ。ワシの女房にもその方法でアピールした、牡蠣のバーベキューでキニナル女の子にこうやってウケれば、人生はバラ色じゃあ!
江田島産の牡蠣をたった数千円の出費でバーベキューで使う事で、こんなにいい思いが出来るのじゃあ、正直これは安いと思うぞ!
通販で牡蠣をゲットして、ついでに気になるあの子をバーベキューに誘って、彼女もダブルでゲットするのじゃあ!

会社の目玉商品『金の牡蠣』の売り上げが確実に落ちるマル秘情報を暴露する!ナント、江田島産の牡蠣のオイル漬けは自宅で作れるのじゃあ!

201411811113.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!今日は、ウチの会社の目玉商品『金の牡蠣』の売り上げが確実に落ちるであろうマル秘情報をブログで暴露するぞ!その名も

『自宅で牡蠣のオイル漬け』

の作り方 じゃあ。

 

つまり、せっかく通販で江田島産の牡蠣のむき身が1キロも買えるのだから、だったら全部自力で江田島産の牡蠣のオイル漬けを作ってしまったら良いという訳じゃ!
広島かきドットコムのスタッフには悪いが、ワシはハッキリ言って会社の売り上げなんかどうでも良いんじゃ、旨い牡蠣の話がブログに書けさえすればそれで良い! 興味を持った方は是非、牡蠣のオイル漬けを1キロ作って毎日おつまみで食って欲しい。
しかし・・・最初に言っておくが、牡蠣のオイル漬け1キロの物量たるや、強烈にあるぞ!毎日家に人を呼んで家族総出で豪快に大宴会し放題じゃあ!! 牡蠣のオイル漬けの作り方は、まず、牡蠣をかたくり粉で洗う事で汚れを除去する。 次に、フライパンで牡蠣を加熱をする事で水分を飛ばす。 そして、ローリエやニンニク、唐辛子や鷹の爪と一緒にオイルに漬けるのじゃあ。
オイルはサラダ油でもオリーブオイルでもどちらでも良いと思うぞ。ワインのおつまみに牡蠣のオイル漬けを食べるならオリーブオイルで牡蠣を漬けるのがオススメじゃがな。 この時にポイントは、オイルに漬ける前に牡蠣の余分な水分をちゃんととっておくことじゃな。江田島の牡蠣は濃厚じゃから、オイスターソースは無くても十分に美味しいと思う。

20141181249.jpg

この、牡蠣のオイル漬けはだいたい2~3日ぐらいから味がなじみはじめる。保存方法は冷蔵庫じゃ。まあ、

牡蠣のオイル漬けは旨い

から、悪くなる前に全部食べ切るだろうと思うし、だいたい1か月以内に食べきれれば美味しい状態で食べきれるだろうと思うぞ。

しかし、ワシは面倒じゃから1晩くらい置いたらすぐに食べてしまう事もある。
まあ、その辺は好みという事じゃあ。ちょっとおつまみのつもりで食べ始めたらいつの間にか1瓶丸ごと食べきってしまったというワシの知り合いがいるくらい旨いから、そこは注意じゃ!
しかし、金の牡蠣の試作段階で、ワシは会社と勝負するつもりでワシの家でも独自に牡蠣のオイル漬けを色々作りまくったのだが・・・金の牡蠣は何というか凄く高級な味がするのじゃ。
ワシがどう個人で頑張っても、金の牡蠣のあの味は再現出来なかった。
金の牡蠣は特殊な加熱方法で、牡蠣の長期保存と無菌化をし、あの江田島牡蠣の濃厚な旨みを凄く良く引き出している。確かに自作の牡蠣のオイル漬けは旨いが、『金の牡蠣』は別格じゃった・・・。
つまり、広島かきドットコムの企業秘密を暴露する為には、『金の牡蠣』を100個以上買って食って研究をする必要があるかもしれないという訳じゃ。
是非、ブログの読者さんは『金の牡蠣』を100個くらい買ってその企業秘密を暴いて、もっと旨い(江田島産の)自作『牡蠣のオイル漬け』を作ってくれい!

牡蠣の下処理には『かたくり粉』の方が手軽だけれども、『大根おろし』で洗う方がひだの汚れが良く取れていいと思う!

201415123342.jpg

新年あけましておめでとうございます。2014年も広島かきドットコム同様、「牡蠣親父ブログ」もよろしくお願いいたします。

オイッス!昨年末から冷え込むようになってきたのう、牡蠣親父じゃあ。こう冷え込んでくると食べたくなってくるものがあるのう・・・そう、牡蠣料理じゃあ!

ワシは毎度毎度、牡蠣が旨いという内容をブログに書いておる。これは会社の宣伝というよりも、ワシが江田島産の牡蠣が好きだから会社のブログを私物化して、時には酒を呑みつつ記事を書いているだけじゃあ。正直、ワシにとって会社とは、普段の暮らしと牡蠣をつまみにしつつ酒を呑む為の稼ぎが貰えるところで、スローライフを実現する為の手段でしか無いのじゃあ。

ワシはスローライフを楽しむ為に酒を呑んで牡蠣を食って日々暮らしておる。そんなワシがここ数日考えている事と言ったら、牡蠣の下処理かのう。

201415124331.jpg

牡蠣はそのまま食うのも旨いが、実はかたくり粉を使って下処理をすると美味しく、臭みも抜ける。どういう風にするのかと言うと、まず牡蠣をボールに入れ、少しの水と塩とかたくり粉を入れる、これを揉んで牡蠣の汚れをかたくり粉にうつすのじゃ。こうすると牡蠣の臭みが抜けて、人によってはより一層美味しく感じられるという訳じゃあ。牡蠣の臭みを抑えめにした方が美味しく食べられるという人は、是非この方法で江田島産の牡蠣を食べてみて欲しい。かたくり粉を洗い流して牡蠣の水気をキッチンペーパー等でとるのを忘れずにな。

 牡蠣の下処理には、一般的には大根おろしも良いと言われる。例えば、家にジューサーがある場合には大根おろしで牡蠣の下処理をすると良いぞ。何故かと言うと、大根おろしを牡蠣に入れて優しくかき混ぜただけで、凄く汚れを取る事が出来るからじゃあ。ワシはどちらかというと、下処理をする時には大根おろしでする派じゃが、普通の一般家庭だと余りジューサーを使わなかったり、大根おろしを作るのがが面倒だったりすると思う。だから、かたくり粉の下処理の方法の方を先に紹介したのじゃあ。

ちなみに、何故大根おろしが下処理に向いているとワシが思うのかと言うと、大根おろしが牡蠣のひだの部分に入って汚れをきれいに除去してくれるからじゃ。大根おろしでゆっくりと牡蠣を揉むようにていねいに洗うと、大根おろしに牡蠣に付着している汚れがついて黒くなってくるぞ。

ちなみに、塩水で洗うと牡蠣の味が余り抜けずに洗える利点があるのじゃが、塩水だとよくすすがないと牡蠣が塩辛くなってしまうかもしれん。

いずれの方法にせよ、牡蠣を美味しく食べる為に『下処理』という1つの方法がある、位に思っておいた方が良いかもしれん。牡蠣は、普通に食べても旨いからなあ。

日本酒は素材の味をひきたてる酒、牡蠣の調理方法に合った日本酒をチョイスして粋に呑むのが熟練の酒飲みというものじゃあ!

20131211155021.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!唐突だが質問じゃ、「冬は『何』の季節」ですか?答えはディスプレイに向かって叫んでみるのじゃ・・・。そうじゃ、答えは1つしか無い、冬といったら『牡蠣』の季節じゃあ。

例えば、フライパンに10個前後牡蠣を並べて、酒をコップに一杯入れる。そして、4分間から6分間蒸した蒸し牡蠣を想像してみて欲しい。まさに、冬の味覚じゃあ!

 ここのところ3年から5年は毎年この蒸し牡蠣をワシは楽しんでいる。やはり冬というと、日本酒の旨い季節、そして牡蠣の旨い季節じゃ。牡蠣に合う日本酒は、熱燗でも冷やでも両方旨いので、そこは好みで良いと思うぞ。しかしワシはあえて牡蠣に合う日本酒として『冷や』をすすめる。何故ならば、アツアツの牡蠣料理に対して冷や酒をきゅっと飲む、これはたまらんぐらい旨いのじゃ。あくまでもワシの感覚じゃが、アツアツの牡蠣料理に対して酒も熱燗だと、こう、変化が無いというか・・・。冷や酒の方がなんだか牡蠣の濃縮された旨さがよく感じられるような気がするのじゃ。まあ、熱燗も旨いと思うぞ、そこはどの日本酒を冷やにするか熱燗にするかにもよるがな。

20131211155419.jpg

さて、日本酒は本当に牡蠣に合うのかという事をワシなりに考えているのじゃが、それは牡蠣そのものをどう調理したのかが凄く影響してくると思うぞ。どういう事なのかと言うと、牡蠣の酢の物や電子レンジでチンをした焼き牡蠣なんかは日本酒が凄く良く合うと思うのじゃ。何故かと言うと、牡蠣の酢の物や焼き牡蠣は、牡蠣そのもののウマミで味わうと言っても良いからじゃ。

 日本酒という酒は、素材の旨さをひきたてる。つまり、素材の味をいかした牡蠣の料理方法ならば、日本酒が合うかもしれないという訳じゃ。

しかし、牡蠣を外国流のオシャレな食べ方で食べる場合には、ワインが合うと思う。特に牡蠣をシャンパンで煮込んだ料理にはシャンパンがよく合うと言うが、一回だけ食べた事があるが本当にそうだと思う。そして牡蠣と言ったら牡蠣フライじゃな、これには正直、日本酒よりもビールがよく合うと思う。ビールのスッキリとした味が、油で揚げた牡蠣フライによく合うという訳じゃな。

日本酒という酒は、良くも悪くも日本で作られた酒じゃ。やはり牡蠣料理によって合う料理と合わない料理が人によって出てきてしまうのは、仕方の無い事だと思うのじゃ。日本酒にも色々な日本酒があって一言で正直語れんが、その場とその場の料理に合った日本酒をチョイスして呑むのがワシは一番旨い飲み方だと思うぞ。正直、浜で牡蠣をつまみにしながら呑むのは、実はワンカップが一番旨いとワシは個人的に思う!