ホーム>牡蠣親父ブログ>2014年4月
  • 通信販売
  • 江田島ご紹介
  • 牡蠣料理レシピ
  • よくあるご質問
  • 牡蠣親父ブログ

2014年4月

ラ王の『香熟コク味噌』で江田島産の牡蠣ラーメンを作って食べると、豚肉と牡蠣と味噌の組み合わせが凄く美味しいのじゃあ!

201442122371.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!以前に、『濃厚鶏ニボ』

牡蠣ラーメン

という記事をこのブログで書いたのじゃ。

これは、ワシが懇意にしている『東京オヤジ』とのスカイプでのオヤジ会議で「あ、これ、面白いんじゃない!?」というノリで高級カップ麺で牡蠣ラーメンを作ってみようという話になったところに発端がある。
とにかく、今、江田島産の牡蠣の食べ方は新しい風を求められている。
美味しくて手軽で、若者が食べたいと思うような食べ方も研究をしておいた方が、実はワシらオヤジにとっても酒のつまみの新しいバリュエーションが出来て、一挙両得という訳じゃ!
こういう下心があって、ワシはまた閃いた。東京で有名なラーメン店とコラボしたカップラーメンで牡蠣ラーメンが作れるならば、『ラ王』の香熟コク味噌は試してみる価値があるのでは無いかと思ったのじゃ。
ラ王の香熟コク味噌は、『生めん』の食感を目指して作られたラーメンで、このラ王の香熟コク味噌を牡蠣ラーメンにしてみたら美味しいのでは無いかと思ったのじゃ。
たっぷりの豚骨エキスに、豊かな胡麻の風味。そして、『味噌』、これらの条件が整ったラーメンに江田島産の牡蠣を入れて食べて、旨く無いはずが無いとワシは確信したのじゃあ!

2014421223713.jpg

そもそも、『味噌』味に豚肉と聞いて、ピンとくる方はいらっしゃるかもしれんが、

味噌と豚肉と牡蠣

の旨さと言ったら牡蠣の土手鍋でその組み合わせは旨い事は、牡蠣の土手鍋好きなら誰もが知る事じゃ。

濃厚な味噌味に豚肉と牡蠣の何とも言えない旨さが絡み合って、絶妙な味の組み合わせとなるのじゃ。
なので、土手鍋でその組み合わせで旨くて、牡蠣ラーメンで旨く無いという事は無いじゃろう。それが、牡蠣ラーメンに『香熟コク味噌』を選んだ最大の理由なのじゃあ!
作り方は至ってカンタンで、まず、牡蠣はあらかじめバター焼きにしておき、牡蠣を『香熟コク味噌』の中に入れてお湯をかけて待つだけじゃ。
これだけで、スープに江田島牡蠣の濃厚なエキスが凄く出るのじゃあ!本当に、香り高い味噌味に、江田島産の牡蠣の濃厚な旨さが絡み合ったのを食べると、感動するぞ!
また、厚切り焼き豚と一緒に牡蠣とラーメンを食べると、更に感動する!牡蠣と焼き豚を一緒に食べると、ここまで旨さを体感出来るのかと、感心するはずじゃあ!
とにかく牡蠣ラーメンというものは、この作り方だと手軽に作れて時間の負担が極めて少ない。
しかも、材料費もほとんどかからない。江田島産牡蠣の牡蠣ラーメンを手軽に楽しめる方法で楽しむだけでも、牡蠣の楽しみ方が増えて楽しいと思うぞ!
『食』というものは、こだわりも大切じゃが、楽しんで食べる事が何よりも大切だとワシは思う!
是非、牡蠣ラーメンという『食』をブログ読者さんには楽しんで欲しいものじゃあ!

広島かきドットコムの業務用の冷凍牡蠣は、ナント1粒づつ冷凍してあるので、好きな時に食べる分だけ解凍出来るのじゃあ!

2014415221235.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!広島かきドットコムでは、

業務用の牡蠣

を扱っている。それは何故かと言うと、まとめ買いしやすいからじゃ。

広島かきドットコムの業務用牡蠣は、3キロ・5キロ・10キロの単位で販売していて、1粒づつ冷凍してあるから大変使いやすくなっているぞ。
なので、実は広島かきドットコムの業務用牡蠣は一般家庭でもオススメなのじゃ。
ただ、一般家庭の冷凍庫は業務用の冷凍庫とは違い温度変化があるので早めに食べきる事をオススメする。とは言っても、冷凍牡蠣3キロだったら結構いいペースで食べきれるじゃろう。
また、バーベキューやパーティの時に広島かきドットコムの業務用牡蠣はオススメ出来る。
とにかく大量に使えるので、料理に豪快に使えるのが良いところじゃ。
広島かきドットコムの業務用牡蠣は、解凍をしてもほとんど身が縮まないから、様々な用途に問題無く使えてとても良いと思う。
実はこの冷凍牡蠣は、全国のレストランなど一般業務用でも通用するレベルのクオリティなのじゃ。
しかも、江田島牡蠣という牡蠣の名産地なので、ブランドものの牡蠣と言っても間違いは無いじゃろう。

2014415221245.jpg

広島かきドットコムの冷凍牡蠣の冷凍技術は素晴らしいもので、長年の経験と技術から、

『急速冷凍技術』

を使っておる。

とにかく牡蠣の旨みを保存するような冷凍をしているので、牡蠣の粒の1つ1つが大きく、揃っていて、しかも味が旨いと業者様からも通年で好評なのじゃ。
この広島かきドットコムの業務用の冷凍牡蠣は、十数の生産者様と買付の契約を直接結んでいる。
なので、品切れの心配はワシ個人は全くしていない。
そういう訳で、まずは3キロの冷凍牡蠣の購入からチャレンジしてみるとも良いかと思う。なに、賞味期限が1年6か月もあるので、絶対にその間に3キロは食べきると言っても過言では無い、大丈夫じゃ。
やはり、牡蠣を買う時に迷ってしまうのは、『食べきれるか』という点じゃろう。
いくら鮮度の良い牡蠣だからと言って、配送されてきてから数日以内に完食出来るかなという不安がよぎる人もいるはずじゃ。そういう方には冷凍の牡蠣がオススメ出来る。1粒ごとに冷凍してあるので、使いたい時に使いたい量だけ解凍して使えば良いという訳じゃ。
また、来客が来るのか来ないのか微妙に分からないという時にも、この江田島産の冷凍牡蠣があると良いと思っている。来なくてもそのまま冷凍しておけば良いし、来たら食べる分だけ解凍をすれば良いという事じゃ。
とにかく、今の時代には冷凍牡蠣という便利なものがある。こういう便利なものを、使いこなしたいものじゃ!

牡蠣の名産地である江田島は、実は広島市から近くて便利で温泉もあるから、ワシは毎日楽しく生活しているのじゃあ!

20144820367.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!ワシの自慢は

牡蠣の名産地『江田島市』

に住んでいるという事じゃ。

江田島市はコンビニなどの都会的で便利なものは無い。
移動手段は自家用車で、素晴らしいロケーションで夕日がとても美しいところじゃ。確かに、大阪や東京などの大都会から比べたらここは田舎じゃが、瀬戸内海や山々の大自然に恵まれた豊かな土地じゃ。
ところが、それだけ聞くと「そんな辺鄙な田舎にはとてもじゃないけど住めないな」と言う人がいるかもしれんが、実は船で30分くらいで広島市についてしまう。
大型のショッピングセンターでまとめ買いをすれば食糧は十分だし、広島が近いから特に不便を感じる事も無いのじゃ。
大自然があって、都会にもアクセスが良好、しかも温泉もある!それが江田島市が住むのに『穴場』だと言われる理由の1つでもあるのじゃあ。
江田島市は、牡蠣以外でも海の幸が沢山ある。ドライブの途中で江田島市の海産物を扱っている店に立ち寄ってみると、牡蠣以外にも瀬戸内海の豊富な海産物が色々ある事に気付くじゃろう。
また、江田島市は菊等の花や、瀬戸内海の暖かい気候のお蔭さまでミカンの栽培も盛んじゃ。こういった大変恵まれた環境である為に、呉市や広島市からわざわざ江田島市に移住してきた人がワシの知り合いにも結構いる!

201448203617.jpg

本当の話じゃが、魚釣りやら自分で野菜を栽培をする目的で

江田島市に引っ越してくる

人もいる位で、江田島市がいかに恵まれた良い環境でワシのお気に入りなのかという事じゃあ。

江田島市は牡蠣の名産地としても有名じゃが、実際に住む隠れた穴場スポットとしても広島県民には有名なのじゃあ!
江田島で生活をしていると、牡蠣を他の地域よりも遥かに入手しやすくなる。
バケツで買った牡蠣を大量にバター焼きしたり、バター焼きをした牡蠣をそのまま酒のおつまみにしたり、地元の人脈さえあればこういう特殊なメリットがあるのじゃ。
例えば、『牡蠣のバター焼き生卵醤油ごはん』を作ってしまう。
どういう事かと言うと、生卵と牡蠣のバター焼きがあれば、自然と食べたくなってしまうという事じゃ。これは物凄くシンプルで時間もかからないが、「旨い!」と言いたくなる位旨いのじゃ。
生卵と牡蠣の組み合わせは、非常によく合うと思う。前日に牡蠣のバター焼きを作った残りがあったら、翌日の朝ごはんは大抵このメニューになるのじゃ。
とにかく、一度江田島市に住んでみると分かる、牡蠣料理のメニューが色々と考え付いてしまうのじゃあ!
牡蠣の名産地ならではの、料理や牡蠣の食べ方は色々とある。
『牡蠣のバター焼き生卵醤油ごはん』は広島かきドットコムで購入した牡蠣で作っても旨いから、一度試してみると良いと思う。