ホーム>牡蠣親父ブログ>牡蠣親父ブログ>完全に思いつきで『江田島産の牡蠣と海老のトマトソースパスタ』のレシピを考えて作ってみたら、かなり旨かったのじゃあ!
  • 通信販売
  • 江田島ご紹介
  • 牡蠣料理レシピ
  • よくあるご質問
  • 牡蠣親父ブログ
牡蠣親父ブログ

完全に思いつきで『江田島産の牡蠣と海老のトマトソースパスタ』のレシピを考えて作ってみたら、かなり旨かったのじゃあ!

2014326124228.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!

牡蠣料理には様々なバリュエーション

がある。牡蠣の生産地に住んでいない人からすれば、「こんなのもあるのか!」と思う程じゃ。

江田島等の牡蠣の生産地に住んでいる人は、牡蠣をバケツで買ったりするので大量に食べる機会があるのじゃ、という事は、それだけ様々な料理に牡蠣を使う経験がある。
という事は、それだけ色々な料理を考えざるを得なくなってしまうのじゃ。
今回ワシが作ったのは、牡蠣と海老のトマトソーススパゲッティじゃ。どこの都道府県のスーパーにでも売っているような材料で作ったので、このブログを見た後すぐにスーパーに行って材料を買ってくれば作れるかと思う。
まず、スパゲッティを折って鍋に沸かした天然水の中に入れる。天然水は2リットルのボトルの4分の1くらい使えば3~4人前分くらい作れると思うぞ。
スパゲッティを折る理由は、天然水で牡蠣パスタを作りたいからじゃ、別に水道水で作りたければ水道水で作っても旨いと思うぞ。
次に、デザートスプーンに1杯弱いくらいの塩を入れて、7分くらいパスタをゆでる。そしてザルを用意しておいて、パスタと水に分けるのじゃ。

2014326124237.jpg

パスタをゆでたお湯は、

牡蠣のパスタソースに再利用

する。

お湯の中に、コンソメの固形のを4個くらいと、冷凍エビを袋に半分くらいと、ニンジン1本か2本を牛乳と一緒にミキサーにかけてニンジンジュース状にしたものと、トマトのホール缶を1缶と、ジャガイモを適当に切ったのを入れて、30分くらい煮れば良い。
出来たら、牡蠣をお好きな量入れてさらに3分から5分くらい煮れば完成じゃ。
全部牡蠣入りのパスタソースにしたくなければ、フライパンに分けて牡蠣を入れる分だけ牡蠣入りのパスタソースにすれば良いのじゃ。
自分で書いていて、恐ろしく適当に牡蠣パスタを作っているなあと感心するが、料理というものは自分が好きなものを好きなだけ入れるのが良いと思うのじゃ。
牡蠣の味を濃厚にしたいと思うならば、その分だけ牡蠣を入れれば良い。 まあ、ワシは自宅で牡蠣料理をこんな風に作っているのじゃが、ワシの料理を食べた人からはこぞって「ウマイ!」と言われる。
確かに、自分でも自分がしょっちゅう作る料理は旨いと思う。 今回の牡蠣パスタも、牡蠣の濃厚な味がソースによく出ていて、本当に旨かった。
いや、江田島産の牡蠣は何の料理に使っても旨いなあと今回も感心したのじゃ!
ちなみに、今回のレシピはその場の思い付きじゃ。ワシの牡蠣料理は大抵、その日その場にあった材料で気ままに適当に思いついたものが圧倒的に多い。
ワシは、それが人生を楽しむ事だと思うのじゃ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.h-kaki2.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37