ホーム>牡蠣親父ブログ>牡蠣親父ブログ>オーブン不要、『電子レンジのみ』でたった15分以内に江田島牡蠣の殻付き牡蠣グラタンを安く作る方法を紹介するぞ!
  • 通信販売
  • 江田島ご紹介
  • 牡蠣料理レシピ
  • よくあるご質問
  • 牡蠣親父ブログ
牡蠣親父ブログ

オーブン不要、『電子レンジのみ』でたった15分以内に江田島牡蠣の殻付き牡蠣グラタンを安く作る方法を紹介するぞ!

201432271932.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!
こんな事をワシが言うのも良くないかもしれんが、料理を作るのが面倒臭いなあ、とか、今日は料理は作りたくない、カンタンなもので済ませたいなあ、けれども美味しい料理が食べたい!とか、普通の社会人ならばそういう時があっても全くおかしくは無い、いや、むしろ

自然

だと思う。

しかし、世の中はなかなかそう都合よくは出来ていないもので、カンタンで手軽に美味しい料理というものは余り無いと思うのじゃ。
例えば、牡蠣グラタン。普通の主婦だと、グラタンを作るだけでひと手間なので、なかなか家庭で牡蠣グラタンまで作ろうと思う主婦はいないじゃろう。
オーブンで牡蠣を手間をかけて焼いた牡蠣グラタンは確かに美味しいが、しかし、そうは言っても手間がかかってしまう。
社会人は忙しい、料理にもスピードが求められる時代になったものじゃ。
しかし、ワシは15分以内で牡蠣グラタンを作れる。それも、江田島牡蠣を使ってじゃ。
まあ、ブログ読者さんの想像どおり、冷凍グラタンを使うのじゃが、たったの15分以内で牡蠣グラタンを食べられるというのは大きな魅力じゃろう。
しかも、このやり方はオーブンも使わなければフライパンも全く使わない、使うのは電子レンジだけじゃ。『電子レンジで焼き牡蠣』のやり方を応用すれば、ほとんど原価がかからずに、超カンタンに出来てしまうのじゃ!

201432271924.jpg

まず、広島かきドットコムで注文した

殻付きの牡蠣

を全部かある程度食べて、『牡蠣の殻』を水で洗い流してとっておく。牡蠣の殻は乾かしておけば良いかと思う。次に、冷凍のグラタンを解凍する。

400円で3個くらい入っている冷凍グラタンのうちたった1個を使えば、大体殻付き牡蠣5個分の牡蠣グラタンが出来るので、江田島牡蠣のむき身を買った費用を除けばたった百円ちょっとで牡蠣グラタンが5個分出来上がる計算になる。本当に安上がりじゃ!
牡蠣の殻の中に、1つづつ牡蠣のむき身を入れて、その上から解凍した冷凍グラタンをかけて、1つづつラップで包む。
後は、電子レンジで牡蠣のむき身が『生』で無くなるまで好きな時間をチンすれば良いだけじゃ。ワシは、大体3分くらいかと思う。
次に、殻付きの牡蠣グラタンからラップを外して、皿に盛り付ければ完成じゃ。本当に短時間で安く『殻付き牡蠣の牡蠣グラタン』が出来上がってしまう。この方法は、牡蠣グラタンの上にチーズをのせておいても上手に溶けると思うので良いと思う。
確かに、手間暇かかった牡蠣グラタンに味は負けるが、超カンタンに牡蠣グラタンを安く作るならこの方法がオススメじゃ!
この方法、実は旅館の牡蠣グラタンの作り方を応用した作り方なのじゃあ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.h-kaki2.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/36