ホーム>牡蠣親父ブログ>2013年11月
  • 通信販売
  • 江田島ご紹介
  • 牡蠣料理レシピ
  • よくあるご質問
  • 牡蠣親父ブログ

2013年11月

松島と江田島の牡蠣を比較してみてどちらも正直旨いが、味が濃い江田島産の牡蠣はバター焼きが合っていると思う!

20131130232410.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!広島県は牡蠣出荷量が日本全国で抜群の第一位なだけあって、牡蠣料理には様々なものがあるのじゃ。しかし・・・ワシももう年なので、海辺の冷えるところで食べるよりも暖かい店内で調理された牡蠣を食べる方が良いと思う時もある。そういう時は牡蠣を美味しく食べられる地元の居酒屋にたまに行くんじゃが、家で食べる牡蠣もなかなか良いものじゃあ。

 そんな時はフライパンの出番じゃあ、江田島産の牡蠣にかたくり粉をまぶし、塩で味をつけてバターで焼くだけで牡蠣のバター焼きの完成じゃあ!ワシはそこまで料理の腕に自信があるほうでは無いが、旨いぞ。

普段こうして生活をしていると、なかなか酒のつまみにまで手をかけられないという心情になってくると思うが、ワシは酒のつまみに対してはワシなりのこだわりがある。正直、ちょっと手をかけて美味しく酒が飲めるのであれば、ちょいと手をかけて粋なつまみを愉しみたいというものじゃあ。特に、冬といったら牡蠣が美味しく感じられる季節だと思う。冬にこそ少し手をかけたつまみを作ってみて、友達や彼女に御馳走すると良いぞ。

地域で比較してみると、広島の牡蠣は松島の牡蠣に比べて粒が大きめで味が濃厚だとワシは思う。松島の牡蠣の方が香りが強いので、一般的には広島産の方が鍋向きで松島産の牡蠣は焼きか生が良いと言う人が多いが、ワシは広島の、特に江田島の牡蠣は味が濃厚で焼きでも鍋でも旨いと思うぞ。三陸や岡山の牡蠣も旨いとは思うが、あくまでも個人的には江田島の牡蠣がイチオシじゃ。

20131130233342.jpg

もちろん松島の牡蠣も小粒で味が淡泊な良さがあり、何個食べても旨いと言い切れる位じゃと思う。江田島の牡蠣も良いとは思うが三陸の牡蠣もなかなか良いもんじゃあ。地域によって牡蠣も色々特色があるという事じゃのう。ちなみに、江田島の牡蠣も松島の牡蠣もどちらもファンがおるぞ。

そこで、江田島の牡蠣は味が濃いからこそバター焼きが旨いとワシは思うのじゃあ。

バターの風味と江田島産の牡蠣はとても良く合っているので、知り合いに御馳走するのならばバター焼きはイチオシじゃぞ。ただ、そのままバターと酒で焼くのか、かたくり粉をつけてから焼くのかは本当にお好みなので、自分なりに考えてみると良いのかもしれん。

正直、松島産の牡蠣にも岡山産の牡蠣にも、江田島産の牡蠣にもその地域の良さがあると思うが、江田島産の牡蠣の良さは瀬戸内海の海の味がする事だと思う。何とも言えないあの潮の香で、ワシは最高に酒がすすむのじゃあ!

『生牡蠣』は牡蠣しゃぶに比べて特別旨くは無い。旬には安全な方法で牡蠣を食うのが、現代っ子というもんじゃあ!

20131125202152.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃ。今回は、広島かきドットコムの牡蠣が安全に食べられるという事について解説するぞ。理論はさておき、具体的にどうすれば良いのかと言うと牡蠣を『必ず加熱する』事が大切じゃ。

よくネットで「生の牡蠣は何故、法律で規制がされないのか?」という話題がある。『生の牡蠣』を食べてしまってノロウイルスに一家全員で感染してしまった等といった事じゃな。しかし、江田島で牡蠣養殖業をやっているワシにしてみれば、そんなの当たり前じゃ。身体を鍛えてもいない現代人が、生牡蠣を食って「美味しいです」だけで済むのかどうか、

 そんなのは誰が考えても理解出来る問題で、ワシの感覚からすると、法律で規制する・しない以前の問題じゃな。商品として販売しているからと言って、それを全部が全部生で食って全ての人の体調に合うなんていうかどうかは個人で判断する以外は無い。

冬になるとテレビや雑誌で「生牡蠣が美味しい」と確かに話題になったりする事もあり、そういった風潮があるとついつい自分も生牡蠣を・・・という気持ちになってしまうのも分かるのじゃが、ワシからすると、別に生牡蠣は牡蠣しゃぶに比べてそこまで旨いと思わん。一回湯にくぐらせるだけで安全に牡蠣を食べられる牡蠣しゃぶというものは本当にいいもんじゃ。ワシだって完全と言っていいくらい安全に牡蠣を食いたい時もある。だから、何というか、そこまで『生』牡蠣にこだわりを持つ必要性は無いと思うのじゃ。

例えば、生レバーだって禁止されておるのは何故かと言うと、単純に危ないからじゃ。でも、牡蠣は生レバーとは違って、一回湯にとおせば生とそこまで変わらん旨さで食う事が出来る。また牡蠣しゃぶの素晴らしさの話になってしまうのじゃが、牡蠣しゃぶはポン酢をかけて食うとぷりんぷりんとした食感で実に旨いのう!これぞ旬というものじゃな。

20131125202623.jpg

1つ、厳しい事を言わせて貰うと、自分達で色々な問題が起こらないようにうまくやっていれば、国のルールも実はそこまで厳しくはならないのじゃ。問題を起こす人が出るからルールが増えるというのは、これは昔からある事で、だから業界で「自分達で自主規制しよう」という事が言われるのはそういう理由からなんじゃな。

牡蠣を自由に食べる為には、自分達で自分達の健康管理をする必要がある。だから、広島かきドットコムでは生では無く加熱してから牡蠣を食べましょうとホームページで言っているんじゃ。フライパンで加熱するのが面倒なら、電子レンジでチンをすれば良いだけの事じゃあ!

 いくら旬の牡蠣と言っても、現代人には現代人にあった食べ方がある!なにも無理に昔の人の牡蠣の食べ方と同じ食べ方をしなくても十二分に楽しめるのじゃあ!

広島かきドットコムからワシ専用の素晴らしいおつまみが配送されてきた。この牡蠣全部、ワシのおつまみじゃあ!

201311240211.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!

牡蠣が『海のミルク』と呼ばれている最大の理由は、生の牡蠣100グラムの中に、1日に必要だと言われているタンパク質の3分の2と、リンが全量含まれているという事じゃあ。また、グリシンやグリコーゲンなどの物質で牡蠣独特のあの旨みが出来ている。つまり、牡蠣はとても栄養がタップリでウマイ食べ物だという事なのじゃ。だから、牡蠣は『海のミルク』と呼ばれておる。

 

広島かきドットコムが牡蠣が配達されるのは、ワシにとってもかなり楽しみでのう、やはり日頃の仕事の疲れをどこかで癒さないと、やってられんというもんじゃあ。

何故こんなに美味しそうに見えるのかと言うと、牡蠣を美味しくする最大の要素のひとつが、『山から川を伝わって海に流れ込む水』のクオリティじゃ!この水の影響で、藻やプランクトンが良い牡蠣のエサになるかどうかが決まるという訳じゃな。だから実際に、牡蠣の為に山に植林をしている業者もワシの知り合いにいるぞ。

広島かきドットコムからワシをはじめとするお客様に届く牡蠣は、色々な人の協力があってはじめてここまで品質の高い『江田島の牡蠣』を提供出来ているという事じゃ。だから、正直ワシは、お客様にも感謝しておるが、牡蠣業者や関係者の皆様にも毎日の感謝を忘れた事は無いぞ。ワシがブログをサボって酒を飲んでおった時にいつもフォローをしてくれる広島かきドットコムの運営者様への感謝も忘れてはいない。

201311240556.jpg

・・・しかし、感謝の心で今宵も牡蠣をつまみつつ、ブログを書きながら職場で飲む酒というものはまた、旨いものじゃあ!しかし、読者の皆様はワシの真似をして、会社にビールの大瓶を持ち込んで豪快に飲んではいかんぞ!

仕事をクビになってしまっては、江田島の牡蠣を食う為の給料が出んからのう。

 

『銀の牡蠣』はナント牡蠣のウマミを数倍に濃縮したような味!?たった一夜干しただけでここまで味が変わるものなのか!

20131117171750.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!もう秋から冬へ季節の変わり目じゃと思う今日この頃・・・冷えるのう。つまり、冬の旨い魚介の季節が来たという訳じゃあ!

ワシは牡蠣を焼いたり蒸したり、グラタンを作ったり、バター焼きを作ったり・・・酒を飲むおつまみを作るのに実に忙しい。ブログを書いているヒマが無いくらいじゃあ!牡蠣というものは極めようと思うと奥がとても深い。江田島の牡蠣を丸一日食べ続けても、まだまだ足りないくらいじゃ・・・。そうだ、昔話をしよう。

ワシはとある居酒屋に行った事があって、そこで『牡蠣の一夜干し』を七輪で焼いて食べるという経験をしたのじゃが・・・その旨さと言ったら!焼き牡蠣の旨みを数倍に濃縮したようなとんでもない旨さじゃった!身体が震えるほどの旨さじゃあ!その日の酒はどれだけ旨かったことか・・・。まあ、あれじゃ、こんな旨いものに巡り合ったのは久しぶりだという程の、凄いレベルの旨さだったという事じゃあ。

でもまあ、牡蠣の一夜干しは酒を飲みたいタイミングで作るのはな、面倒くさい。男というものは、物事を面倒だ面倒だと考える生き物じゃからのう。『一夜』またいだ酒のつまみを自分で調理するほど手間と時間をかけられる余裕は、多忙なデキる男であれば尚更無いからのう。

20131117172344.jpg

『広島かきドットコム』の銀の牡蠣は、そういう時に凄く役に立つ。ナント、牡蠣を自分でわざわざ干さなくても牡蠣の一夜干しが食べられるという優れものじゃ・・・。正直思うんじゃが、若者や中年でも爺さんでも、突然牡蠣の一夜干しが食べたくなるという事はあるとは思わんか?ワシは実はあるのではないかと思うのじゃ。いや、これは江田島の市民に限った事では無く、都内在住だとか大阪が大好きで大阪に住んでいますとかいう人でもあると思うのじゃ。「あのプリップリの牡蠣が一夜干しになったようなおつまみを食べてみたいよなあ」という心情になるのが、酒飲みというものだと思うぞ。

銀の牡蠣の良いところはナント、一切味付けをしていないという事じゃ。その割には信じられないくらい濃い広島の牡蠣のウマミが口に広がっていくぞ。『無菌化』と『長期保存』を実現したこの味は、広島かきドットコム以外では食べる事が出来ないと言って良いくらいの旨さだとワシ個人は思っておる。

ブログをこうして書いていると、今宵もまた、牡蠣をつまみにして酒が飲みたくなってくる。また牡蠣の一夜干しを食べたくなった時には、こっそりしまってあるワシ用の『銀の牡蠣』を堪能するとしようかのう。それが、大人の愉しみというものだと、ワシは思うぞ。

特にブログで大好評の『金の牡蠣』は、何故わざわざ手間かけて秘伝の『オイル漬け』にしなければならなかったのか?

2013111120643.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!以前のブログでワシは、ユーザーの皆様の為に『金の牡蠣』『銀の牡蠣』という企業秘密をブログで大暴露させて頂いた。特に『金の牡蠣』つまり、牡蠣のオイル漬けというのが『何ソレ!?』とご好評だったようじゃのう。ほっほっほ、無理もない。我が秘伝の技術を結集した金の牡蠣は、珍味じゃからのう!あれは、料亭で出てもおかしくないレベルの旨さだと思うのじゃ!

 ちなみに、牡蠣のオイル漬けの作り方はな、まず牡蠣の身を潰さないように何度もキレイに洗い、沸騰した鍋に湯を沸かし5分ほど煮る。そして、塩や砂糖と水で漬け込み液を作り3時間程度漬けてだな、干物に使われるかごで2時間以上乾燥させ、スモーカーで燻煙をし、オリーブオイルにつけて5日程度ねかすと自宅でも出来るぞ。ただ!それは別にスーパーで売っている広島産の牡蠣でやればいい事じゃ。スペシャルなおつまみは、広島かきドットコム秘伝の製造法で作られた『金の牡蠣』でしか実現するのは極めて困難じゃな。と言うのも、秘伝の技術が使われているからな!

いくらワシがフレンドリーだからって、そこまでブログに大暴露したらワシ、クビじゃあ!!つまり、広島かきドットコムの企業秘密を解き明かすのは・・・ブログを読んでいる方々という事になる。是非、江田島の牡蠣をまさかあんな方法で加工して『金の牡蠣』やら『銀の牡蠣』にして出荷しているというナゾを実際に食べて解き明かして欲しいぞ!

・・・ただ、我々が二年半という長きにわたる歳月をかけて作り上げた『金の牡蠣』のナゾが解けるというのであればという話じゃ!

つまり、特殊な加熱技術で『無菌化』と『長期保存』を実現し、マサカの保存料・化学調味料不使用で出荷をしている『金の牡蠣』の製造方法はそんなに簡単に理解は出来んという事じゃあ!

2013111120108.jpg

この『金の牡蠣』は、そのまま食べるだけで至福の食感じゃ・・・。口の中でとろけていくのじゃあ。もしかすると、この金の牡蠣に使われているオイルは牡蠣のエキス入りじゃから、ペペロンチーノやだし巻き卵に利用すると、1ランク上質な味が楽しめるのかもしれんのう!

『金の牡蠣』は、広島県が定める指定海域(清浄海域:生食用として出荷可能な海域)で採れたものだけを使用しておるから、加工品だからと言ってワシの監修が入っておるから、絶対に妥協はさせない仕様にて製造されておる!

つまり、誰よりも安心な『ワシ・牡蠣親父のお墨付き』の味という事じゃあ!牡蠣のオイル漬けというものがどれだけ旨くて旨くてタマランか、舌で味わってくれい!

最後に言っておくが、「これを食わないで死ねるか!」っていう程ウマイぞ!!!!

牡蠣の白ワイン蒸しは女性を満足させる為のフライパン等のテクニックを修行する良い機会じゃ。色々な意味で精進せよ。

2013111015658.jpg

オイッス!牡蠣親父じゃあ!何でワシが『牡蠣親父』なのかって、牡蠣が大好きだからじゃあ!当然、仕事も江田島のプロの牡蠣生産業者じゃぞ!

さて、牡蠣を食うという行為が『粋』であるという事は前回説明させて頂いたとおりじゃが、粋に牡蠣を食う為に必要な要素を、キミは知っているか!?

『粋』というのはじゃな、心遣いが出来ているという事じゃあ。つまり、牡蠣を食う時にポン酢派もいれば醤油派もいる。そういった両方のニーズに合わせる事が出来るかどうかという事も『粋』に牡蠣を食う時の条件という事じゃあ。

ワシは牡蠣を食う時に『白ワインの蒸し焼き』にした時の旨さに、今感動しておる。作り方は至ってカンタンで、フライパンにバターをとかし、牡蠣を3分くらい焼く。その後に、白ワインを入れて10秒から20秒くらい強火でイッキに加熱するのじゃな。この時に白ワインも蒸発するのじゃが、何、構う事は無い!男ならイッキに加熱するのみじゃ!そして白ワインを適度に入れ、牡蠣をひっくり返しつつ5分程度加熱をする。こうする事で、牡蠣の白ワイン蒸し焼きが完成するという訳じゃ。フライパンにフタをするのは加減を見ながらじゃな。これが味がオシャレで旨いぞ!彼女との『おうちデート』にはもってこいじゃ、本当に感動されるかもしれんな。

20131110151232.jpg

この牡蠣の白ワイン蒸し焼きじゃが、普通に食っても旨いが醤油やポン酢につけてもまた、これがたまらん程旨いんじゃ!つまり、牡蠣の白ワイン蒸し焼きは、そのまま牡蠣を食うのが好きな人にも、ポン酢が好きな人にも、醤油が好きな人にも良い料理だという事だとワシが考えたという訳じゃ。

牡蠣の白ワイン蒸し焼きがどう具体的に旨いのか解説すると・・・バターの香りと白ワインの香りが混ざり合い、口に入れた瞬間に濃厚な江田島産の牡蠣の味が口の中に広がる。これこそ人生の幸福というものじゃ!至福のひと時じゃ!この愉しみを知らない人は、人生の愉しみを知っているのかと問いたくなる程の旨さ・・・。

若いの、人生、ワシのようにイケメンでなければならんぞ!ワシはオシャレで『白ワイン』を料理に使うなど、ハイセンスじゃ!牡蠣を食う事で精力がついたからこそ、出来る事だと断言して間違いないじゃろう。

フライパンを使う時に大切なのは、腰じゃ、腰のテクニックじゃ!彼女を満足させる為の修行と思って、白ワインで牡蠣を蒸しつつ鍛えるが良い!ワシの妻もこのテクニックで落とした。・・・まあ、江田島の牡蠣を調理するという修行は、人生に役立つという事じゃな!

女性を満足させる為には、料理男子だというステータスも必要なんじゃぞ。

牡蠣親父『壮年の自己主張』ビールにも日本酒にも焼き牡蠣は合う。ワシが勤務時間中に一杯やる正当な理由!

2013116215024.jpg

牡蠣親父じゃ。今日は、壮年の自己主張をさせて頂く。

 

まず第一に、江田島の濃厚な牡蠣は、ビールに合う。

何故江田島の牡蠣がビールに合うのかと主張するとじゃな、ビールの苦さと海の味を濃縮したような江田島産の牡蠣は凄くあう、濃厚な牡蠣に対してビールがハマるので中高年層に絶大な支持をうけても間違いが無いレベルじゃ!

第二に、江田島の濃厚な牡蠣は、日本酒に凄く合う

キリッとした口当たりの日本酒に濃厚な牡蠣の味が、また何とも言えない。ハマってハマってどうしようも無いような味じゃ。正直、瀬戸内海の海の味に日本酒がからんでくるようなこの何とも言えない粋な味が非常に良いので、会社の広報ブログを書きつつ・・・こう、キュッと勤務時間に日本酒と牡蠣で一杯やるのが、これまた、たまらんという訳じゃ!

 

つまりワシが勤務時間中に酒を飲みながら主張させて頂くのは、ビールと日本酒どちらが合うか、完全に好みだけれども両方飲めるのであれば、是非両方飲んで試してみた方が良いという厳然たる事実じゃ。ビールは絶妙な苦みとマッチした『たまらない』味、日本酒はスッキリした酒の味に牡蠣の濃厚な味が混ざるあの独特の快感、両方に両方の良さがあるので『どちらが良い』という風に甲乙つけ難いからじゃな。

201311622026.jpg

江田島の焼き牡蠣というものは、本当にスーパーで売っている牡蠣フライのような味とは明らかに別格で、本当に海の幸を楽しんでいるといった感覚なのじゃ。つまり物凄く自然な塩味がする為に、醤油やポン酢を一切使わなくても十分に酒のつまみになるし、この自然な味と豊かな香りは本当にビールでも日本酒でも合うと思うからである。どの位旨いのかと言うと、ワシが勤務時間中に身体が冷えないように日本酒と牡蠣でついつい一杯やってしまうのが、誰が考えても納得出来る位じゃな。しかしそれは、考えても多分分からん。どうすれば理解が出来るのかと言うと、広島かきドットコムで今すぐ注文をして届いた牡蠣と日本酒の絶妙な味わいで判断する事じゃ。

これを食べた事の無い方は人生で損をしているとワシは断言出来る。まあ、牡蠣を殻ごと電子レンジで5分から6分(500Wの場合)チンしただけで、そこまで美味しいのかと思うかもしれないが、実際に食べてみるとそのハマり具合が想像出来るだろうと思う。「確かにこれはやってみると、電子レンジが一番良いかもしれない」と、現場の漁師が言う理由が分かるだろうと思う。ワシが酒を飲みながら断言するのだから、間違いは無い!

 

もう一つ付け加えると、殻付きの牡蠣を目の前で大量に見せられる体験は、都会の男女にとってはとても刺激的で楽しいと思うぞ。想像していた以上に遥かに凄い事なので、絶対にギフトで贈ったとしても喜ばれる事間違い無いと思う。

 

その時に覚えておいて欲しいのが、焼き牡蠣は電子レンジが一番カンタンだと経験上思う事じゃ!フライパンだと牡蠣を最初に開けておかないと焼き牡蠣では無く『蒸し牡蠣』になってしまうのが、面倒じゃぞ!つまり誰でも簡単に牡蠣を楽しめるという事じゃな。

 

『殻付きの牡蠣はカンタンに食べる事が出来る』というのは、意外なようじゃが、現場の漁師が酔っ払いながらブログを書いて主張している事じゃ、間違いは無い。

冗談じゃない!ワシが『金の牡蠣』『銀の牡蠣』の旨さを語るだと?『極上』の味を文字なんかで説明できるかい!

2013113161624.jpg

オイッス!ワシは芸能人の某出川さんが大好きじゃ。読者の皆さん、いいですか、絶対にフェイスブックの『いいね』なんか押すなよ!どんなにワシのブログが面白くても絶対に押すんじゃないぞ!

広島かきの特徴は、殻が小さく、くぼみが深く肉重量指数がとても高い事が特徴じゃ。つまり旨いって事なんじゃが、どう旨いのかと言うと、身が殻が割と小さいのにプリッとして大きいという事なのじゃ。特に江田島の牡蠣は瀬戸内海でも有数の牡蠣飼育に最適の海で育っておるからのう、旨いぞ!

そして広島牡蠣の特徴は、新しいブランドが結構な頻度で出ているという事じゃ。例えば広島かきドットコムで言うと旨み焼き牡蠣のオイル漬けである『金の牡蠣』と旨み焼き牡蠣の一夜干しである『銀の牡蠣』じゃな。この金の牡蠣と銀の牡蠣というものは、ナント加熱方法が特殊でな、秘密じゃぞ!化学添加物や保存料を使用しないで広島牡蠣本来の濃厚である旨みを最大限に引き出した、広島かきドットコムの最高傑作なのじゃ!

知っている人は通しかいないんじゃが、牡蠣の一夜干しとオイル漬けというものはな?・・・いや!無理じゃ、あの旨さはブログにとても表現出来る旨さでは無い!だいたいが、極上の旨さを文章で表現出来る訳が無いのじゃ!という事で、そのナゾの旨さは実際に食って確認してみて欲しい・・・。

それでも聞きたいのであればあえて言わせて頂くが、例えば従来の牡蠣の加工品は数多く存在した。そう、牡蠣というものは素晴らしい食材じゃから、様々な調理の仕方や加工の仕方が、意外と人に知られていない手法まである。牡蠣業者秘伝の手法というものも存在してな、そこまではさすがにこのブログではお話出来ないのじゃが・・・。

しかし、何故そこまで牡蠣業者が牡蠣の加工販売にこだわるのかと言うとその最大の理由は、『生牡蠣として利用出来ないから』加工して販売した方が業者側にとって都合が良いという事じゃった。これは、保存料や化学調味料を使っているから、牡蠣本来の瀬戸内海で育った旨みが損なわれる。そこで、広島かきドットコムではあくまでも『本物』の牡蠣の味にこだわった。そこで、天下の名産地・広島牡蠣のお土産として自信を持ってお届け出来るような素晴らしい牡蠣の加工食品を作ろうと2年半もかけて作り上げた。当然ワシも開発に参加した!その結果・・・とんでもない旨さの『金の牡蠣』『銀の牡蠣』が誕生したのじゃ・・・。

2013113162211.jpg

特殊な加熱方法で生牡蠣の『無菌化』『長期保存』を実現し、化学添加物や保存料を使用せずに広島牡蠣本来の絶妙なる味わいを生み出す事が出来たのじゃ。最高傑作と言って過言では無い。だからこそ!うかつにこのブログに書ける内容では無いのじゃ!

清浄海域、つまり生食用として出荷してもよいとされる海域で採れた牡蠣のみを使用した一切妥協の無い『金の牡蠣』『銀の牡蠣』を食って、それがどんな味なのか試してみると良い。これがほんとうの『極上』じゃ、ワシにはそれ以上言えん!絶対に言えん!

 

追伸:新商品の企業秘密を暴露する写真を『牡蠣親父ブログ』にアップロードしておいた。これだけは見てはいかんぞ!